よくある質問

Q:どんなことが学べますか?

 

A:中国伝統医学の観点から、毎日食べている食物にはどのような効能があるのか、どんなことに気をつければよいのかなどを知っていただくことができます。自身で体調管理を行える知識が身に付きます。

 

 

Q:お料理は薬臭くないですか?

 

A:決してそんなことはありません。主にスーパーで購入できる食材を利用して、ご家庭で再現可能な料理を作ります。また、多磨教室での講座は中薬(漢方生薬)を使用した料理をご提供する場合も稀にありますが、薬臭く無く美味しくお召し上がり頂けます。

 

 

Q:お料理は苦手ですが大丈夫ですか?

 

A:③薬膳実習講座では、お料理が苦手な方でも丁寧に指導いたしますのでご安心ください。純粋に調理技術が習いたい方向けの料理教室ではございませんのでご理解頂きますようお願い致します。①の講座(多磨教室)に調理実習はありません。

 

 

Q:薬膳のことは何もわかりませんが大丈夫ですか?

 

A:薬膳のことに興味はあるけどよくわからないという方がほとんどですのでご安心ください。もちろん分かりやすい解説は心掛けておりますが、初めての方はちょっと難しいかなとかとっつきにくいかなと思う方も中にはおります。ですが、それは当然のことなのです。なぜなら1回や2回の受講では薬膳の全貌を見渡すことすら出来ないからです。それくらい奥深いものと思ってください。

 

 

Q:体験教室はありますか?

 

A:すべての講座が単発参加可能ですので、そちらを体験としてご参加いただければと思います。そのため、年会費等は頂いておりません。

 

 

Q:教室の特徴を教えてください。

 

A:薬膳料理は中医学の理論に基づいています。西洋医学や栄養学の考え方は一度忘れて頂くことをお願いしています。薬膳・中医学の世界に栄養学の考え方が入り込む隙は無いと思っています。栄養学を取り入れた理解は、誤解を招く恐れや薬膳の本質から遠ざかる危険もあるためです。当教室の特徴は薬膳・中医学の考え方、語法のみで説明しきることにあります。このような薬膳教室はありそうでいてなかなかありません。

 

 

Q:レッスン料の支払い方法は?

 

A:初めてお申込みされる方は、事前に銀行振り込みにてお願いしております。2回目以降は当日現金にてお支払い頂きます。尚、当日キャンセルは全額ご負担頂きます。前日キャンセルは半額ご負担頂きます。

 

 

 

Q:薬膳の資格取得は難しいですか?

 

A:薬膳の勉強がまったくの初めてでも試験対策セミナーを受講されれば安心して受験して頂けます。初級なら無理なく取得可能だと思います。中級はそれなりの自習時間が必要となります。

 

 

Q:通信教育で薬膳の資格を取得していますが、通う価値はありますか?

 

A:もちろんあります。なぜなら、通信教育で学べる内容は非常に薄いためです。資格取得された方が当教室の講座を受けて、わかっているつもりでいたが実際はよくわかっていなかったと認識されるようです。また、国際中医薬膳師の方でも当教室に満足された方が何人もいらっしゃいます。

 

 

Q:申し込みの締め切りを過ぎてしまいましたが。。。

 

A:状況により受付可能な場合もありますので、ダメ元でお問い合わせください。受講できる場合もあります。

 

 

Q:乳児を連れて行っても良いでしょうか。

 

A:対応いたしますので安心してご一緒にいらしてください。

 

 

Q:希望するようなテーマで講座が開催されません。

 

A:1度いらっしゃった方でしたら、ご希望のテーマで次回以降開催することは可能です。ご希望を遠慮なくお伝えください。また、特定のテーマしか興味をお持ちになれないような方は薬膳の理解・学習には不向きとも言えます。自分とは関係の無いテーマでも必ず関連を見出すことが出来るからです。なぜなら、からだはすべて繋がっており有機的整体であるためです。いわゆる全体観です。

こういった理由から、ご自分のタイミングでいつからでも参加ができるような体制をとっています。